糖尿病内科

糖尿病の治療

投稿日:14/05/2019 更新日:

糖尿病の治療

糖尿病の治療

糖尿病の治療

食事・運動両方が主、薬物療法は従です。

2型糖尿病では、食事療法や運動療法が基本となり、食事療法や運動療法を行っても、血糖コントロールがうまくいかないときに、薬物療法を追加して治療するというのが基本です。食事摂取量が多いまま(特にインスリン分泌を促す)薬剤を使うと、過剰な栄養が体に取り込まれて太ってしまいます。そうなると、インスリン抵抗性が増大してまた血糖が上昇して、また薬が増えて・・・という悪循環に嵌ってしまいます。なんとしても避けたいところです。

間食に注意しましょう

間食に注意しましょう

間食に注意しましょう。

間食注意が食事療法の第一歩です。甘いもの、脂っこいもの、アルコール「あ」のつく3つに気をつけましょう。

食べる順番が重要です

食べる順番が重要です

食べる順番に注意しましょう。

野菜、海藻、汁物、お肉やお魚、最後にご飯

和食の会席コースは、理にかなっています。

糖尿病の薬物療法

糖尿病の薬物療法

糖尿病の薬物療法

糖尿病の薬物療法は大きく2つに分けることができます。

内服薬(飲み薬)と注射剤(インスリン、GLP-1受容体作動薬)です。このうち、内服薬は インスリンの分泌を促すもの、インスリンの効果を高めるもの、ブドウ糖の吸収を抑えたり排泄を促進させるものの3種類に分類できます。

経口糖尿病薬の選択

経口糖尿病薬の選択

糖尿病のの経口薬は、患者さんひとりひとりの病態に合わせて選んでいきます。

以下に、経口糖尿病薬の分類を示します。詳細は、各項目をクリックしてご覧ください。

インスリンの分泌を促すもの

スルホニルウレア(SU剤)
速効型インスリン分泌促進薬(グリニド)
DPP-4阻害薬

インスリン抵抗性改善薬

ビグアナイド薬
チアゾリジン

ブドウ糖の吸収抑制・排泄促進系

α-グルコシダーゼ阻害薬
SGLT2阻害薬

前の記事:糖尿病合併症はこんなに怖い

糖尿病教室の記事一覧

-糖尿病内科
-

Copyright© 下山内科クリニック | 船橋市の糖尿病内科、循環器内科、甲状腺内科 , 2019 All Rights Reserved.