shimoyama-naika

急性冠症候群

急性冠症候群

2019/11/11  

急性冠症候群: Acute coronary syndrome 急性冠症候群 心臓の筋肉に血液を送る血管に血液が十分行かなくなること(心筋虚血=狭心症や心筋梗塞)が急に起こり、数日~数週間のうちに事態 ...

プロパジール ANCA関連血管炎

プロピルチオウラシルによるANCA関連血管炎

2019/11/3  

ANCA関連血管炎はプロピオチオウラシル(プロパジール、チウラジール)に多い副作用です。 プロパジール ANCA関連血管炎 抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎(AAV) 主にプロピオチオウラシル ...

肝臓と糖尿病

糖尿病と肝臓の切っても切れない関係

2019/11/12  

糖尿病と肝臓の切っても切れない関係 肝硬変でなくても、肝臓が悪くなると血糖が悪くなる。 肝機能と耐糖能障害 肝臓は糖代謝に大きく関わっていることが知られています。糖尿病教室(3) インスリンの働きを知 ...

血管周囲脂肪組織 (PVAT) と動脈硬化

2019/8/22  

動脈硬化、最近の研究ではどうなっているか。 動脈硬化は、血管が慢性的に炎症を起こすことによって起こります。 血管内皮細胞(動脈の内側を覆っている膜)が高血糖、高血圧、LDL-コレステロール、喫煙、スト ...

脈圧

脈圧( 血圧の上と下の差)が大きいのは危険です

2019/8/16  

脈圧(血圧の上と下の差のこと)が大きいのは良くないサインです。 脈圧が大きいのは、動脈硬化効果のリスクが高いことを意味します。脈圧の値ですが、正常血圧の場合、40~50前後の値を示すとされます。ある研 ...

心臓病のサインを見落とさない

心臓病のサインを見落とさないで

2019/8/8  

心臓病のサインを見落とさないで。 心臓病のサインを見落とさないで。 「これって心臓病?」 そんな症状、ありませんか? 実は危ない症状を知っておいてください。心臓病のときに現れる身体のサインと、受診しな ...

慢性心不全の治療

慢性心不全に対する薬物療法

2019/11/4  

慢性心不全に対する薬物療法のまとめ 慢性心不全の治療 ACE阻害薬は心不全に有効です。空咳の副作用があればARBを推奨されています。国内で心不全に適応のあるβ遮断薬はビソプロロール(メインテート®), ...

Medtronic製 Paradigm722

インスリンポンプ療法 CSII

2019/11/12    

CSII,Continuous Subcutaneous Insulin Injection, インスリンポンプ療法 CSII(Continuous Subcutaneous Insulin Infu ...

虚血性心疾患

SU剤と心筋の虚血プレコンディショニング

2019/11/12  

SU剤と虚血プレコンディショニング 心臓の筋肉(心筋)に血液を送る冠状動脈に血液が十分行かず、心筋が酸欠状態になることを心筋虚血と言います。病気でいえば、狭心症や心筋梗塞です。 虚血性心疾患 出典:w ...

CGM LibrePro

CGM

2019/11/12    

CGM: Continuous Glucose Monitoring 持続血糖測定について CGMは持続血糖測定(Continuous Glucose Monitoring)の略称です。専用のセンサー ...

Copyright© しもやま内科 | 船橋市の糖尿病内科、循環器内科、甲状腺内科 , 2019 All Rights Reserved.