船橋市の糖尿病指導医・専門医による糖尿病専門クリニック

糖尿病患者さんへ

当院では最新、最良の治療を目指して新しい治療法にも積極的に取り組んでおります。1型糖尿病患者さんを含め、あらゆる糖尿病患者患者さんのご相談に乗ります。糖尿病のことなら当院にお任せください。

糖尿病の治療

糖尿病の治療

糖尿病は自覚症状に乏しい病気のため、かなり悪化・進行しないと症状が出てきません。そのため通院を中断した結果、合併症が進行したり命に関わるような病気を引き起こしてしまうことが珍しくありません。また、糖尿病は食事・運動といった生活習慣と血糖コントロールが直結しており、生活習慣のコントロールがうまくいかず、悩んでおられる方も多いと思います。患者さんお一人で悩まず、我々当院スタッフが今までの糖尿病治療に取り組んできた経験を基に、一丸となって良好な血糖コントロールを目指すサポートに取り組みますので、宜しくお願い致します。

糖尿病性神経障害

治療後有痛性神経障害

2019/1/25  

治療後有痛性神経障害 糖尿病性神経障害 もともと血糖がコントロールが悪かった糖尿病患者さんに対し、急速な血糖コントロールの改善を行った後(2-3ヶ月後くらいが多いです)に現れる痛みを伴う神経障害を治療 ...

diabetes

GLP-1受容体作動薬の副作用

2018/11/12    

GLP-1受容体作動薬の副作用 GLP-1受容体作動薬の副作用 消化器症状 GLP-1受容体作動薬は、食後に小腸上部からから分泌されるインクレチンの一種であるGLP-1というホルモンを真似て合成した薬 ...

脂肪肝 NASH/NAFLD

脂肪肝 (NASH/NAFLD)について

2018/11/13    ,

脂肪肝について 脂肪肝 NASH/NAFLD アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝 肝臓に脂肪が溜まってしまった状態を脂肪肝といいます。 脂肪肝は大きく2つに分けられます。飲酒によって引き起こされ ...

糖尿病内科

インスリンの副作用

2018/11/13    

インスリンの副作用 インスリンの副作用 インスリンの副作用といえば、最も多いのがインスリンの過剰投与による低血糖です。このページでは低血糖を防ぐための情報と、低血糖以外の副作用について記載します。 低 ...

ピオグリタゾン

ピオグリタゾンの副作用

2018/11/13    

ピオグリタゾンの副作用 ピオグリタゾン ピオグリタゾンの効果 ピオグリタゾンは、インスリン抵抗性を改善します。インスリン抵抗性とはどういうことかというと、肥満時に肥大化した大型脂肪細胞から遊離脂肪酸、 ...

SGLT2阻害薬の副作用

2018/10/2    

SGLT2阻害薬の副作用 SGLT2阻害薬 SGLT2阻害薬について SGLTとは、Sodium-glucose transporterの略で、ナトリウム・グルコース共役輸送体とも呼ばれています。腎臓 ...

DPP-4阻害薬

DPP-4阻害薬の副作用

2019/1/2    

DPP-4阻害薬の副作用 DPP-4阻害薬 単独での低血糖は少ないけれども、他剤との併用する場合には注意 DPP-4阻害薬は、食後に小腸上部から分泌されるインクレチン(GLP-1,GIP)がDPP-4 ...

メトホルミンの副作用

ビグアナイド(メトホルミン)の副作用

2018/11/14    

ビグアナイド(メトホルミン)の副作用 メトホルミンの副作用 ビグアナイド系の代表であるメトホルミンの副作用といえば、乳酸アシドーシスが有名です。 (別のビグアナイドである)フェンホルミン使用者において ...

α-グルコシダーゼ阻害薬の作用

α-グルコシダーゼ阻害薬の副作用

2018/11/14    

α-グルコシダーゼ阻害薬の副作用 α-グルコシダーゼ阻害薬の作用 アカルボース(グルコバイ)、ボグリボース(ベイスン)、ミグリトール(セイブル)の副作用 比較的高頻度にみられる副作用として消化器症状が ...

即効型インスリンインスリン分泌促進薬

即効型インスリン分泌促進薬の副作用

2018/10/4    

即効型インスリン分泌促進薬の副作用 即効型インスリン分泌促進薬 即効型インスリン分泌促進薬(グリニド)の特徴 即効型インスリン分泌薬を総称してグリニド Glinide といいます。発売順にナテグリニド ...

Copyright© 糖尿病内科クリニック , 2019 All Rights Reserved.