糖尿病とは

糖尿病とはインスリンの分泌や働きが低下することで、ブドウを正常に代謝できなくなる疾患です。その結果、血液中のブドウ糖(血糖)が増え、高血糖の状態が続きます。

ブドウ糖代謝が正常にできないと、エネルギーを必要する細胞にブドウ糖がうまく運ばれません。そのため血糖値が高い状態が続くのです。

膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしていますが、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまいます。

糖尿病が進行すると体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、喉がかわいたり、多尿、頻尿、倦怠感、体重減少、できものができる、傷が治りにくいなどの症状が現れます。また、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害などの合併症にも注意が必要です。糖尿病はその結果、全身に合併症をがもたらされます。血液中のブドウ糖の濃度が高くなった状態を高血糖と呼びます。インスリンは膵臓で作りだされて血糖を正常範囲に保つ役割をしますが、インスリンの作用不足により、血糖が高くなってしまいます。※糖尿病は発症時には、ほとんど自覚症状がありません。

糖尿病には大きく分けて次の2つのタイプがあります。

1型糖尿病(インスリン欠乏による糖尿病です)

膵臓がインスリンをほとんど、またはまったく作ることができません。

よって、インスリンを注射しなければなりません。このため、以前は「インスリン依存型糖尿病」とも呼ばれていました。

糖尿病の患者さんのうち、1型糖尿病は10人に1人もいません。

若いうちに発症する事が多いのが特徴ですが、年齢に関係なく発症が見られます。

2型糖尿病 (インスリン分泌不全とインスリン抵抗性による糖尿病です)

膵臓はインスリンを作り出しますが、量が十分ではない(インスリン分泌不全)か、作られたインスリンが十分作用しません(インスリン抵抗性)。以前は「インスリン非依存型糖尿病」と呼ばれていました。両親からの遺伝で、インスリンがもともと出にくい体質(両親にはっきり糖尿病の方がいなくても糖尿病遺伝子は隠れていることがあります)を持つ条件と、運動不足や脂肪の過剰な摂取などの生活習慣の結果、インスリンの働きが悪くなる条件が組み合わさって発症します。日本の糖尿病患者さんの約95%以上の方は2型糖尿病タイプです。若い人でも発症する場合もありますが、40歳を過ぎてから発症する場合がほとんどです。2型糖尿病は適切な食事指導と運動、薬の内服・注射やインスリンで治療します。砂糖など甘いものの取り過ぎばかりが原因ともいえませんので、糖尿病にかかったのは、決して本人のせいだけではないのです。

その他に遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気などが原因となるもの、妊娠糖尿病などがあります。
糖尿病になるかどうかには一部遺伝が関係しており、肥満が原因とは必ずしもいえません。

糖尿病治療の目的は合併症を予防することにあります。

糖尿病が強く疑われる人・糖尿病の可能性を否定できない人の合計は2,000万人を超えています。糖尿病の主な合併症は、網膜症・腎症・神経障害・心血管疾患があげられます。また、糖尿病の患者様は日本の平均寿命より短命であることが知られ、死因の1位は悪性新生物、2位は血管障害(糖尿病性腎症・虚血性心疾患、脳血管障害)、3位は感染症です。当院はより良い血糖コントロールを目指すことで、糖尿病患者さんが合併症を起こさず、健やかに生きるお手伝いをしていきます。

更新日:

Copyright© 糖尿病内科クリニック , 2019 All Rights Reserved.