糖尿病内科 |船橋の内科 | しもやま内科

低血糖について知ってください。

低血糖について知ってください

2020/6/14  

低血糖について知ってください 糖尿病治療を受けていると、どうしても血糖値が低くなる副作用(低血糖)を起こす可能性が出てきます。血糖値を下げる薬を使用している患者さんは、低血糖についてよく知っておいてく ...

糖尿病性壊疽

糖尿病教室(5) 合併症はこんなに怖い

2019/8/31    

糖尿病の合併症はこんなに怖い 神経障害 糖尿病神経障害 糖尿病の神経障害は、障害を受ける神経の種類によって以下のように分かれます。 感覚神経の障害:感覚・知覚をつかさどる神経の障害です。 運動神経の障 ...

しめじ 糖尿病

糖尿病教室(4) 糖尿病合併症は自覚症状なく進行する。

2020/5/28    

自覚症状がなくても着実に進む糖尿病合併症 糖尿病の初期症状 糖尿病の自覚症状は、かなりひどくならないと生じない 糖尿病の自覚症状といえば、喉が渇く、大量の水分を摂る、尿量が多い、急激にやせる、疲れやす ...

ブドウ糖の取り込み

糖尿病教室(3) インスリンの働きを知ろう。

2020/4/10    

インスリンの働きがわかると糖尿病がわかる 糖尿病は、インスリンの「血糖値を下げる働き」が落ちるために起こります。インスリンの分泌が落ちている場合(1型糖尿病など)、インスリンが分泌されているけれども効 ...

糖尿病治療の目標

糖尿病教室(2) 糖尿病治療って本当に必要?

2019/7/7    

糖尿病治療は何のためにする? 糖尿病治療の目標 糖尿病治療の目的は何でしょうか?合併症を起こさず、元気で長生きするためです。 糖尿病はサイレントキラーであるといいましたが、最初は無症状でも5-10年の ...

しもやま内科 糖尿病教室

糖尿病教室(1) 糖尿病ってどんな病気?

2020/3/24    

糖尿病教室 糖尿病患者さんを対象とした糖尿病教室のWeb版です。よろしくお願いいたします。 糖尿病と言われた患者さんへ 糖尿病と言われて戸惑っていませんか? 何も症状がないけれど、本当に治療が必要なの ...

糖尿病治療を受けましょう

糖尿病患者さんの入院・通院治療者数が増加

2019/6/3  

糖尿病患者さんの入院・通院治療者数が増加 厚生労働省が「2017年患者調査の概況」を発表しました。糖尿病患者数は、前回調査(2014年)から12万3,000人増えて、過去最多の328万9,000人にな ...

糖尿病性神経障害

治療後有痛性神経障害

2019/1/25  

治療後有痛性神経障害 糖尿病性神経障害 もともと血糖がコントロールが悪かった糖尿病患者さんに対し、急速な血糖コントロールの改善を行った後(2-3ヶ月後くらいが多いです)に現れる痛みを伴う神経障害を治療 ...

インスリンポンプ療法

1型糖尿病: きめ細やかな治療が必要

2020/6/16    

1型糖尿病の患者さんへ インスリンポンプ療法 1型糖尿病の患者さんは、インスリンというホルモンの分泌が少なくなっています。1型糖尿病であっても、良好な血糖コントロールを継続することで糖尿病合併症の進行 ...

GLP-1アナログ製剤

GLP-1受容体作動薬

2020/1/31    

GLP-1受容体作動薬 GLP-1受容体作動薬の作用 インクレチン作用のいいとこどりがGLP-1受容体作動薬 食後に小腸上部から分泌されるインクレチン(GLP-1,GLP)は両者ともインスリン分泌を促 ...

© 2021 しもやま内科