糖尿病内科 |船橋の内科 | しもやま内科

脂肪肝から肝硬変になる

脂肪肝 (NASH/NAFLD)について

2020/2/28  

脂肪肝について 日本に2,000万人いるといわれている脂肪肝。放っておいて良いと言われていましたが、最近になって一部の方が肝硬変、肝細胞癌に進行することがわかってきました。10人に一人は肝細胞癌になっ ...

insulin

インスリン治療について

2019/7/8    

インスリン治療 インスリンで治療することに抵抗がある患者さんは少なくありません。お気持ちはわかります。 我々糖尿病専門医も、インスリンを使わないで済むなら使わないで済ませたいと思っています。でも、イン ...

ピオグリタゾン

ピオグリタゾン(チアゾリジン薬)

2019/6/4    

チアゾリジン系薬剤のピオグリタゾン ピオグリタゾン チアゾリジン系薬剤が血糖値を下げるしくみ 骨格筋および肝臓におけるインスリン抵抗性を改善し、インスリンの効き目を高めて血糖値を下げます。チアゾリジン ...

SGLT2 inhibitor

SGLT2阻害薬

2021/9/16    

SGLT2阻害薬 SGLT2阻害薬は、「尿中に糖が出ることは悪いことだ。」というこれまでの糖尿病の常識を覆す全く新しい治療薬です。その特徴は、血液中の過剰な糖を尿中に積極的に排出させることで血糖値を下 ...

DPP-4阻害薬

DPP-4阻害薬

2019/6/4    

DPP-4阻害薬 インクレチン関連薬(DPP-4阻害薬とGLP-1受容体作動薬) インクレチンにはGLP-1とGLPがあります GLP-1とGIP DPP-4阻害薬は、食後に小腸上部から分泌されるイン ...

メトホルミンの副作用

ビグアナイド系(メトホルミン)

2020/6/9    

メトホルミン メトホルミン ビグアナイド系について ビグアナイド系の薬の代表がメトホルミンです。2型糖尿病の第一選択薬として世界中で広く使われています。日本糖尿病学会(JDS)、米国糖尿病学会(ADA ...

α-グルコシダーゼ阻害薬の作用

α-グルコシダーゼ阻害薬

2019/6/14    

α-グルコシダーゼ阻害薬の作用と副作用 α-グルコシダーゼ阻害薬の作用 α-グルコシダーゼ阻害薬の作用 α-グルコシダーゼ阻害薬は、小腸上部(十二指腸)においてα-グルコシダーゼを強力に阻害します。 ...

即効型インスリンインスリン分泌促進薬

速効型インスリン分泌促進薬

2019/6/4    

速効型インスリン分泌促進薬 速効型インスリン分泌促進薬 速効型インスリン分泌促進薬(グリニド)の特徴 即効型インスリン分泌薬を総称してグリニド Glinide といいます。発売順にナテグリニド、ミチグ ...

スルホニル尿素薬

スルホニル尿素薬(SU剤)

2020/2/3    

SU剤(スルホニルウレア薬) SU剤の特徴 スルホニル尿素薬(SU剤) SU薬は膵臓のランゲルハンス島という組織にあるインスリンを分泌するβ細胞に直接働きかけて分泌を促進して血糖を下げます。インスリン ...

MiniMed 640G

SAP

2020/11/29    

SAP療法とは SAP療法とは SAP(Sensor Augmented Pump)療法はインスリンポンプにパーソナルCGM(Continuous Glucose Monitoring)を搭載したシス ...

© 2021 しもやま内科