news

SAP (センサー付きインスリンポンプ療法)対応可能です

29/11/2020

しもやま内科はSAP対応可能です

1型糖尿病の患者さんを対象に、通常のインスリンポンプ(CSII)治療を行っています。
これに加え、

SAP(Sensor Augmented Pump;センサー付きインスリンポンプ療法)にも対応しました。

SAPとは

CGM(持続血糖モニタリング)機能が付いたインスリンポンプ療法です。
CGMセンサーで血糖値をリアルタイムに測定し、インスリンポンプに送信します。

SAP インスリン

インスリンポンプのホーム画面に血糖値が表示されます。
表示中の血糖値が上昇中なのか、低下中なのか安定しているのか表示します。
その時の血糖値に応じたインスリン注入量の微調整が可能です。
ご興味のある方はお問い合わせください。

-news

© 2021 しもやま内科