循環器内科

循環器内科

循環器内科とは血管(動脈、静脈)の病気と心臓の病気を扱う専門の診療科です。
詳細な問診・検査を行い、患者様に分かりやすくご説明させていただきます。ご納得いただいた上で治療、診察を進めていくよう取り組んでいます。診察の結果、緊急を要する場合には、迅速な処置を行います。入院加療が必要な場合は、速やかに高度医療機関に紹介させていただきます。
健康診断などで異常を指摘された方、どこに相談に行ってよいか悩んでいる方はお気軽にご相談ください。高血圧や糖尿病などの持病をお持ちのリスクの大きい方は、定期的に循環器内科の診察を受けることをお薦めいたします。

狭心症・心筋梗塞

日本人の死因の第2位は心臓病です。その多くが虚血性心疾患という名で総称される狭心症や心筋梗塞です。
これらの疾患は心臓に血液を供給する冠動脈が動脈硬化によって狭窄し、心筋に十分な血液が送られなくなってしまうために起こります。動脈硬化には高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満などの生活習慣病が関わっており、ある日突然心臓発作に襲われて死に至るケースもあります。しかし、この虚血性心疾患は予防できない病気ではありません。当院では動脈硬化測定器を使い、詳しく検査を行っています。

高血圧症

ほとんどの場合、発症の原因が特定できない本態性高血圧です。
遺伝的素因と生活環境が複雑に絡み合って発症すると考えられていますが、詳しいことは分かっていません。
高血圧は生活習慣病の代表と言える病気で、血圧を上げる要因として以下が考えられています。

  • 塩分の取り過ぎ
  • オーバーウェイト
  • 禁煙
  • 過度の飲酒
  • ストレス
  • 運動不足

また、腎臓や内分泌、血管系の疾患、神経の病気などは高血圧の原因が明らかなもので、二次性高血圧と呼ばれています。副腎腫瘍など、内分泌疾患が原因であることが多いです。ご心配な方は当院での精査をお勧め致します。

投稿日:

Copyright© 下山内科クリニック | 船橋市の糖尿病内科、循環器内科、甲状腺内科 , 2019 All Rights Reserved.