内分泌内科

クッシング症候群とサブクリニカルクッシング症候群

更新日:

クッシング症候群とサブクリニカルクッシング症候群

クッシング症候群

クッシング症候群

クッシング症候群とは

クッシング症候群とは、副腎皮質ステロイドホルモンのひとつであるコルチゾールというホルモンが過剰分泌され、全身に種々の症状が生じる症候群のことです。クッシング症候群の中でも、下垂体からACTHが過剰に分泌されることで副腎が刺激されコルチゾールが過剰に分泌されたものをクッシング病(下垂体腺腫)、副腎腫瘍などによって副腎からコルチゾールが過剰に分泌されたものを副腎性クッシング症候群といいます。また、ACTHは肺癌のような腫瘍が勝手に分泌してしまうことがあり、下垂体以外からACTHが過剰につくられることで発症するものを異所性ACTH産生腫瘍によるクッシング症候群といいます。

ここでは副腎性クッシング症候群について述べます。

クッシング症候群は慢性的なコルチゾール過剰分泌(高コルチゾール血症)が原因となり、さまざまな合併症を起こします。ACTH非依存性クッシング症候群は種々の病態が原因となります。クッシング症候群の臨床所見はコルチゾール過剰分泌の程度や時間によって多岐にわたります。

満月様顔貌、中心性肥満、皮膚線状などが有名ですが、明らかな臨床所見を顕さない症例も少なくなく、注意深く観察することが必要です。

クッシング症候群の診断

クッシング症候群の診断にはデキサメタゾン抑制試験を行います。デキサメタゾンの内服を行うことで、ACTHとコルチゾールが正常に抑制されれば正常、そうでなければ負のフィードバックが働いていない(=自律的分泌がなされている)ことが強く疑われます。また、24時間の蓄尿を行い、遊離コルチゾールが尿中にどの程度排泄されているかを確認します。その他、副腎CT/MRI、131ヨウ素アドステロールシンチグラフィを行います。

クッシング症候群の治療

クッシング症候群の治療は腫瘍摘出手術が基本です。通常の腺腫であれば、腹腔鏡下副腎摘出術を行います。その後、副腎のホルモン補充療法を行います(コートリル内服など)。

サブクリニカルクッシング症候群

サブクリニカルクッシング症候群とは副腎腫瘍があり、コルチゾールの自律分泌を認めるにもかかわらず、先述したクッシング症候群に特徴的な身体所見を伴わないものを指します。とはいえ、耐糖能障害、高血圧症、脂質異常症、骨粗鬆症などを高率に合併します。

これまで、明確な診断基準が存在しませんでしたが、2017年に新たな診断基準が作成されました。1mgデキサメタゾン抑制試験のカットオフ値を1.8μg/dLとした。ACTH分泌抑制、コルチゾール日内変動の消失、副腎シンチグラフィ健常側抑制、DHEA-S低値を採用していて、より臨床に即したものとなっています。

副腎サブクリニカルクッシング症候群新診断基準.日本内分泌学会雑誌.2017; 93 Suppl: September.

サブクリニカルクッシング症候群の手術適応は明確化されていませんが、腫瘍径が5cmを超えるもの、ステロイド過剰分泌に起因する合併症が存在している症例では手術を考慮すべきとされています。

-内分泌内科
-

Copyright© 糖尿病内科クリニック , 2019 All Rights Reserved.