shimoyama-naika

無痛性甲状炎

無痛性甲状腺炎

2019/5/31  

無痛性甲状腺炎 無痛性甲状腺炎は甲状腺ホルモンが高くなる病気です。甲状腺機能亢進を起こすので、バセドウ病と間違われることがあります。 無痛性甲状炎のしくみ 甲状腺が一時的に炎症を起こした結果、甲状腺組 ...

インスリン作用・ブドウ糖の取り込み

糖尿病教室(3) インスリンの働きを知ろう。

2019/8/31    

インスリンの働きがわかると糖尿病がわかる 糖尿病は、インスリンの「血糖値を下げる働き」が落ちるために起こります。インスリンの分泌が落ちている場合(1型糖尿病など)、インスリンが分泌されているけれども効 ...

糖尿病治療の目標

糖尿病教室(2) 糖尿病治療って本当に必要?

2019/7/7    

糖尿病治療は何のためにする? 糖尿病治療の目標 糖尿病治療の目的は何でしょうか?合併症を起こさず、元気で長生きするためです。 糖尿病はサイレントキラーであるといいましたが、最初は無症状でも5-10年の ...

糖尿病教室 しもやま内科

糖尿病教室(1) 糖尿病ってどんな病気?

2019/11/4    

糖尿病教室 糖尿病患者さんを対象とした糖尿病教室のWeb版です。よろしくお願いいたします。 糖尿病と言われた患者さんへ 糖尿病と言われて戸惑っていませんか? 何も症状がないけれど、本当に治療が必要なの ...

糖尿病治療を受けましょう

糖尿病患者さんの入院・通院治療者数が増加

2019/6/3  

糖尿病患者さんの入院・通院治療者数が増加 厚生労働省が「2017年患者調査の概況」を発表しました。糖尿病患者数は、前回調査(2014年)から12万3,000人増えて、過去最多の328万9,000人にな ...

甲状腺クリーゼ

甲状腺クリーゼ

2019/4/18    

甲状腺クリーゼ 甲状腺クリーゼ 甲状腺クリーゼとは、生命の危険のあるような重篤な甲状腺中毒状態(=バセドウ病などの甲状腺ホルモンが多すぎる状態)のことです。 十分な治療を行なっていない甲状腺機能亢進症 ...

糖尿病性神経障害

治療後有痛性神経障害

2019/1/25  

治療後有痛性神経障害 糖尿病性神経障害 もともと血糖がコントロールが悪かった糖尿病患者さんに対し、急速な血糖コントロールの改善を行った後(2-3ヶ月後くらいが多いです)に現れる痛みを伴う神経障害を治療 ...

pheochromocytoma

褐色細胞腫

2019/4/14  

褐色細胞腫とは pheochromocytoma 褐色細胞腫とは、腎臓の上にある副腎いう小さな臓器から発生する腫瘍です。副腎は構造的により表面に近い皮質と、副腎の中心に位置する髄質の二つに分かれていま ...

GLP-1受容体作動薬 トルリシティ

GLP-1受容体作動薬

2019/5/29    

GLP-1受容体作動薬 GLP-1受容体作動薬 トルリシティ インクレチン作用のいいとこどりがGLP-1受容体作動薬 食後に小腸上部から分泌されるインクレチン(GLP-1,GLP)は両者ともインスリン ...

脂肪肝 NASH/NAFLD

脂肪肝 (NASH/NAFLD)について

2019/4/14  

脂肪肝について 脂肪肝 NASH/NAFLD アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝 肝臓に脂肪が溜まってしまった状態を脂肪肝といいます。 脂肪肝は大きく2つに分けられます。飲酒によって引き起こされ ...

Copyright© しもやま内科 | 船橋市の糖尿病内科、循環器内科、甲状腺内科 , 2019 All Rights Reserved.