甲状腺内科

甲状腺機能低下症に特徴的な症状

投稿日:15/09/2018 更新日:

甲状腺機能低下症に特徴的な症状

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンが低下することにより引き起こされる様々な症状のことです。初めのうちは気づかなことが多いですが、長期間放置すると重篤な状態まで進行してしまうこともあります。気になる症状が現れたらお早めに受診をお願いします。

甲状腺機能低下症の症状

無気力、倦怠感、疲れやすい、まぶたが浮腫む、寒がりになる、体重増加、身体が浮腫む、息切れしやすくなる、動作が緩慢になる、いつも眠くなる、物忘れしやすくなる、便秘、声が嗄れる、脈が遅くなる、皮膚が感想する、髪の毛が抜ける、筋力が低下するなどの症状がみられる。女性では月経の量が多くなる、期間が長くなることがあります。小児の場合は低身長や発達障害がきっかけで発見されることがあります。

思い当たる症状がありますか?そんな場合はお気軽に当院にご相談ください。

-甲状腺内科
-

Copyright© しもやま内科クリニック | 船橋市の糖尿病内科、循環器内科、甲状腺内科 , 2019 All Rights Reserved.