ワクチン

子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんワクチンの接種をご希望の方へ

公費対象の子宮頸がんワクチンは、サーバリックスとガーダシルの2種類です。どちらのワクチンも公費で接種できますが、途中から違う種類のワクチンに変更することはできません。以下の資料を参考にしてください。

しもやま内科の公費接種はガーダシルのみとさせていただきます。ご了承ください。

参考資料

厚生労働省:HPVワクチンに関するQ&A
日本婦人科腫瘍学会:HPVワクチンQ&A

サーバリックス ガーダシル
接種回数 半年の間に3
(3回接種しないと十分な抗体ができず、予防効果が期待できません)
1回目→2回目は、1回目の1ヵ月後
2回目→3回目は、1回の6ヶ月後
1回目→2回目は、1回目の2ヵ月後
2回目→3回目は、1回の6ヶ月後
予防できる
HPVの型
HPV16型・18型(高リスク型) HPV16型・18型(高リスク型)
HPV6型・11型(低リスク型)
効能・効果 ヒトパピローマウイルス16,18型感染に
起因する以下の疾患の予防

  • 子宮頸癌(扁平上皮細胞癌、腺癌)
  • その前駆病変 子宮頚部上皮内腫瘍
ヒトパピローマウイルス6,11,16,18型感染に
起因する以下の疾患の予防

    • 子宮頸癌(扁平上皮細胞癌、腺癌)
    • その前駆病変 子宮頚部上皮内腫瘍
  • 上皮内腺癌
  • 外陰上皮内腫瘍
  • 膣上皮内腫瘍
  • 尖圭コンジローマ

サーバリックスもガーダシルも、子宮頸がんの原因であるHPV16型,18型を予防します。ガーダシルはそれに加え、尖圭コンジローマの原因である6型,11型も予防します。

ワクチンの効果の持続期間について

若年発症の子宮頸部上皮内腫瘍(前がん病変)・子宮頸がんの7~8割にHPV16型、18型が寄与しているので、10代の場合はサーバリックスあるいはガーダシルで十分予防効果が期待できると考えられます。

サーバリックスの添付文書には、初回接種後9.4年間効果が持続すると記載されています。

ガーダシルの添付文書には初回接種してから約6年間持続すると記載されています。

ただし、これらの添付文書の報告は、「少なくともこれだけの期間は効果が持続する」ことを確認したもので、この年数を超えたら効果が切れてしまうわけではありません。
ワクチンの接種後2年間までは抗体価は徐々に低下していくものの、2年以降は一定の値を保ち、HPVに自然に感染した時よりも高い抗体価を維持することが分かっています1)
海外の報告2)では、HPVワクチンを接種した後の抗体価(抗HPV抗体16/18型)は、15~25歳および26~45歳の年齢層で、自然に感染した抗体価のレベルを30年間上回ることが予測されると報告されています。

その他

9価ワクチン(シルガード9、公費対象外)は85~90%程度のHPVタイプがカバーできるため、定期接種年齢から遅れてれしまった20歳代以降の方のもうひとつの選択肢になります。

参考文献

1) Lancet 2009;374:1975-85.
2) Cochrane Database Syst Rev. 2019 Nov 22;2019(11):CD013479.

-ワクチン

© 2022 しもやま内科