禁煙外来

禁煙治療

そろそろ禁煙をと考えておられる方・禁煙したいが一人では自信が無いという方・何度も失敗して禁煙するのを諦めかけている方……、そんな方たちのお役に立ちたいと思っています。

禁煙外来

禁煙外来では、あなたの喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方、治療の経過を見守ります。
また禁煙治療は、2006年から健康保険が適用され、患者さんの負担も軽くなりました。

しもやま内科では、禁煙治療が保険適用で受けられます。

「タバコが悪いのはわかっているけどやめられない、出来ることならなんとかしたい」そう思われている方は大勢いらっしゃることと思います。

喫煙は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺がんなどの肺の病気だけでなく、動脈硬化の進行に大きく関わってきます。

喫煙は単なる習慣や嗜好ではありません。タバコをやめられないのは決して「意思が弱い」からではなく、ニコチン依存症という治療が必要な病気なのです。治療は、一定の条件を満たした喫煙者なら、どなたでも受けることができます。

当院では院長はじめ、スタッフみんなであなたの禁煙を後押し、応援していきますのでお気軽にご相談ください。

当院では約3ヶ月のプログラム(5回来院)による禁煙治療を行っています。
最初の受診後、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後に受診していただきます。
毎回の診察で、禁煙補助薬と呼ばれるお薬をお渡しすると同時に息に含まれるCO(一酸化炭素)を測定します。

禁煙治療で健康保険が使えるのは以下の条件を全て満たした方です。

  • 直ちに禁煙を希望していること
  • 1日の喫煙本数 × 喫煙年数 = 200以上であること
  • ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)で5点以上(下項目参照)。
  • 治療内容等の説明を受け同意すること

TDSニコチン依存度テスト

設問内容 はい
1点
いいえ
0点
1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか?
3 禁煙や本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?
4 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか?
(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
8 タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

※(注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抗うつなどの症状が出現している状態。

禁煙したい方は、お気軽にご相談ください。

そろそろ禁煙をと考えておられる方・禁煙したいが一人では自信が無いという方・何度も失敗して禁煙するのを諦めかけている方、そんな方たちのお役に立ちたいと思っています。

26/11/2019

Copyright© しもやま内科 | 船橋市の糖尿病内科、循環器内科、甲状腺内科 , 2019 All Rights Reserved.